もつ鍋は一人でも大勢でも楽しめる料理

もつ鍋は一人でも大勢でも楽しめる料理

身体を芯から温めたいと思う冬は、自宅で鍋料理を味わいたいと多くの方が思われることでしょう。
美食大国に日本では、鍋と一言にいっても色んな材料を用いるメニューがあるものです。
水炊きにてっちりのほか、カニ鍋というものも存在します。
そして若い方に絶大な人気を誇っているのがもつ鍋で、スーパーマーケットでも専用のスープも販売をされているほどです。
ここでは簡単に、もつ鍋料理の魅力について触れていきましょう。
大勢でも一人でも楽しめるのが魅力で、大勢なら歓迎会や忘年会で提供をされるのが基本です。
この場合、1人あたり約6000円の予算となり、計10種類のホルモンとお酒も提供をされます。
一人で満喫する場合は、4種類ほどの牛モツで予算は1500円程度です。
もつ鍋は焼き肉店はもちろんのこと、居酒屋でも定番のメニューになりました。
鍋料理と言いつつ、野菜よりも牛モツをメインにした内容となるので、なかには肉料理と思われている方もいます。

女性に人気があるもつ鍋は意外と低カロリー

女性に根強い人気があるもつ鍋はカロリーが高いように感じますが、実際1人前524gあたりカロリーは388kcalほどと低カロリーです。
他の鍋料理と100gで比較した場合、もつ鍋は74kcal、すき焼きが105kcal、ヘルシーで有名なしゃぶしゃぶは67kcalとなっています。
すき焼きの場合味付けとして砂糖やみりんを使用しさらに食べる際に卵を加えるので、若干高めです。
もつ鍋の場合は具材がにらやキャベツ、にんにくと低カロリーであり、脂質も低めです。
きのこやゴボウが入っているものもあり、食物繊維も摂取することができることから美容にも良いとされています。
ですがニンニクが入っていることで食欲が増してしまい、結果食べすぎにつながってしまうため注意しなくてはなりません。
そのため野菜から食べるなど食べ方に注目すると良いでしょう。
また手作りで作った場合は、余分な脂肪を取り除くことができるので、よりカロリーを低く抑えることができます。

もつ鍋に関する情報サイト
もつ鍋の情報サイト

当サイトでは食べる前に読んだら食べたくなる可能性の高い、もつ鍋の初心者のためになる情報を詳しく解説しています。もつの鍋を自宅でするときには、通販を利用すると材料の無駄がないので安心です。簡単に注文をしてお取り寄せすることが出来るので便利です。またもつの鍋は一人でも大勢でも楽しめる料理です。旨味たっぷりでコク深いホルモンを使ったメニューならではの味わいを、家族や友人などと一緒に味わうのがおすすめです。

Search